【2013年11月16日公開】『フィルス』

『トレインスポッティング』原作者×ジェームズ・マカヴォイ最新作
イカれた刑事が追う殺人事件が、逆に男の人生を追いこんでいく!英国発★愛と喪失のクライム・コメディ!!

かつて90年代のサブカルチャーを牽引してきた史上最強の青春映画があった。その名はーーー『トレインスポッティング』。

原作はアーヴィン・ウェルシュ。彼が最も映画化したかったという自身のブラックコメディ小説「フィルス」を新進気鋭の監督ジョン・S・ベアードが『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、『つぐない』などのカメレオン俳優ジェームズ・マカヴォイを迎え待望の映画化。
まるで御伽噺のように可笑しくも哀しいイカれた男のクライム・コメディだが、驚くべき真実と衝撃のラストにノックアウトされること間違いなし!

特技は同僚や友人を陥れるための裏工作と残業の不正申告。ポルノ・売春・不倫・アルコール・コカイン中毒・・・まさに歩く危険地帯!あまりに下衆、あまりに強烈、もはやカリスマ的に最悪なスコットランド人刑事ブルース・ロバートソン。街がクリスマスムードに浮かれだすころ、残忍な日本人留学生殺人事件が起きる。初動捜査では【目撃者はゼロ】。その捜査の指揮を任されたブルースは、この事件で手柄をあげ出世しようと目論む。だが捜査を進めるにつれ、自分の過去と向き合わなければならなかった。事件が真相に迫るにつれ、ブルースの精神状態は錯乱していく。やがて【目撃者とされる謎の女】の存在が急浮上したとき、衝撃の真実が明らかになる !

主人公のめくるめく狂気が、身近な人々をモンスターへと再生させる。SM嬢ばりの女刑事、娼婦のような妻、獰猛な動物たち、おせっかいな博士・・・。倒錯する世界で、男の本心を炙り出していく。果たしてどうしようもない男の可笑しくも哀しい人生に明日はくるのか !?単なる過激なブラックコメディでなく、つきるところ絶望を笑いにした、最高にイカした愛と喪失のクライムコメディとなった !

11月16日(土)シネマライズ他にて全国ロードショー

映画『フィルス』公式サイト http://www.uplink.co.jp/filth/

原作:アーヴィン・ウェルシュ
監督:ジョン・S・ベアード
出演:ジェームズ・マカヴォイ、ジェイミー・ベル、、イモージェン・プーツ、ジョアンヌ・フロガット、ジム・ブロードベント、エディ・マーサン
配給:アップリンク パルコ
宣伝:ブラウニー