【2016年8月20日より開催】『夏のホラー秘宝まつり2016』

二度ある事は三度ある!キネカ大森で、血の祝宴、開幕!
観客参加型 ホラー映画祭、今年も開催!


【ホラー秘宝】は、キングレコードが贈る人気のホラー映画レーベル。そのセレクションの質は、ホラーファンや映画ファンから一目を置かれる存在です。一昨年、昨年と、ホラー映画未開の地・キネカ大森で開催された映画祭「ホラー秘宝まつり」は大成功をおさめました。多くのホラーファンから【観客参加型のホラー映画祭!】として応援いただき、今年も例年以上に皆様のご来場をお待ちしております。二度ある事は三度ある!今年で3年目の夏を迎えるホラー映画祭のシーズンがやってきました!

新作映画は5本がラインナップ、その内、3本が日本映画。
『EVIL IDOL SONG』は、『へんげ』『ABC・オブ・デス2』など日本を代表する若手ホラー映画監督・大畑創の最新作。主演にグラビアとシンガーソングライターで活躍する藤田恵名に迎え、悪魔に憑依されたアイドルが、歌で人を殺す事のできる能力を持ったことから巻き起こるパニックホラー。
『「超」怖い話』(監督:千葉誠治)は、実話怪談のベストセラー「「超」怖い話」の映画化。幽霊に襲われる恐怖体験を3話オムニバスで、人気アイドル、夢見るアドレセンスの荻野可鈴の他、『AVN/エイリアンVSニンジャ』の肘井美佳、2016年ホラー秘宝イメージガールの仁科あいが主演を務める。

『The Room』は、世界中で活躍する俳優、尚玄がプロデュース、主演を務める。共演に伊藤歩を迎え、スカイプでやり取りをする日本、アメリカで遠距離恋愛をするカップルが、女の部屋に怪異現象が起こり始め、彼女の精神は次第に壊れていくシチュエーションホラー。
そして、新作の洋画が2本。 『バニー・ザ・キラー』は、フィンランド産のホラー・コメディ。雪山の小屋に旅行に来た男女が男性器をおっ立てたウサギ人間に襲われるという、下品なネタ満載のスプラッター。

『サウスバウンド』は、ある荒野の街道で起こる様々な怪異の連鎖を描く連作オムニバス・ホラー。謎の怪物、カルト教団、殺人鬼、狂人一家これら別々の恐怖がやがて一つの物語につながっていくアメリカ映画。 Jホラーからスプラッターまで、ホラー映画のバラエティ豊かなランナップに一気に触れてみるチャンスです。

8/20(土)~9/10(月)キネカ大森にて開催

■映画祭タイトル「第3回夏のホラー秘宝まつり2016」
■場所:キネカ大森
■料金:新作1500円、旧作1100円
■公式サイト http://horror-hiho.com
■ツイッター @horror_hiho
■提供:キングレコード 
配給・宣伝:ブラウニー