【2016年6月25日公開】『ふきげんな過去』

みんな寂しいんじゃない?一人でいても家族といても

小泉今日子×二階堂ふみによる奇跡のW主演!
可笑しくも切ない、愛と孤独と成長の「ひと夏」の物語。

[story]
いかにも不機嫌そうな果子(二階堂ふみ)が運河をながめている。毎日が死ぬほど退屈でつまらない果子は、けれどそこから抜けだして他に行くこともできず無為に日々を過ごしていた。ある夏の日の午後、果子たち家族の前に、18年前に死んだはずの伯母・未来子(小泉今日子)が、突然戻ってきて告げる。「あたし生きてたの」。戸籍も消滅している前科持ちの未来子。そして自分が本当の母親だというが・・・。

[about movie]
過去と未来が隣接する物語。本作の脚本・監督を務める前田司郎は、『ふきげんな過去』のアイデアをゼロから生み出した。
三島由紀夫賞、向田邦子賞受賞、岸田國士戯曲章賞など錚々たる賞を受賞し、劇団「五反田団」を主宰する、異才の劇作家・前田司郎が、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』から満を持してオリジナル脚本で人間ドラマに挑んだ。

主演は二人の女優。まず未来子役としてオファーしたのは、独自の存在感でトップスターの座に君臨し、『毎日かあさん』以来5年ぶりの主演となる小泉今日子。圧倒的なカリスマ性を誇る彼女は、人生観や恋愛哲学が注目される唯一無二の女優である。そして果子役には、日本映画界の若きミューズ二階堂ふみ。若手演技派として抜群の存在感を誇る21歳は、個性的な役どころの多かった彼女には珍しく自然体の演技で臨んだ。そんな二人を贅沢にもW主演にむかえ、最強のタッグが実現。自分が本当の母親だという未来子の出現によって、退屈していた女子高生の果子は、眩い生き生きとした世界を見てしまう。そんな二人のひと夏の物語だ。まるで夏休みに宝島を探しに行くような、可笑しくも切ない、愛と孤独と成長の物語が誕生した。

6/25(土)、テアトル新宿ほか全国ロードショー

映画『ふきげんな過去』

監督・脚本:前田司郎
音楽:岡田 徹
主題歌:佐藤奈々子「花の夜」
製作:重村博文 太田和宏
プロデューサー:森山 敦 西ヶ谷寿一
アソシエイトプロデューサー:西宮由貴 山下義久
ラインプロデューサ ー:金森 保
撮影:佐々木靖之
照明:友田直孝
録音:吉田憲義
美術:安宅紀史 田中直純
スタイリスト:伊賀大介
衣裳:渡部祥子
ヘ アメイク:竹下フミ
編集:佐藤 崇
助監督:小南敏也
制作担当:刈屋 真
企画協力:田口智博
製作:「ふきげんな過去」製作委員会
企画:キングレコード
制作・配給:東京テアトル(創立 70 周年記念作品)
制作協力:キリシマ1945
宣伝:ブリッジヘッド ブラウニー
2016年/日本/120分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル ©2016「ふきげんな過去」製作委員会.