【2016年10月1日公開】『CUTIE HONEY:TEARS』

美しく、儚い、愛の戦士

「キューティーハニー」誕生!!

AIに支配された漆黒の世界─。街は富裕層の暮らす上層階と貧困層の暮らす下層階に分けられていた。下層の人々は、快適な生活を維持する為に垂れ流される上層階からの汚染物質が生み出す有害な雨の中を生活していた。
そんなある時、上層階から1体の美しいアンドロイド・如月瞳が上層階から落下してくる。彼女は、産みの親である如月博士の実の娘の記憶を移植された感情を持ったアンドロイドであった。下層階で生まれ育ったジャーナリストの早見青児との出会いがきっかけとなり運命の歯車が回り始める。向かうは世界を支配する感情を持たない新型アンドロイド・ジル。人々を守るために如月が下した衝撃の決意とは。

1973年、永井豪により誕生した「キューティーハニー」。アニメ化されるやいなや「ハニーフラッシュ」のコールと共に一世を風靡し、現在まで世代や国境を超えて愛される続ける名作となった。
そして、2016年―。幅広く支持されてきた「キューティーハニー」が、最先端の映像表現を駆使して描かれる近未来を舞台に今、降り立つ。
強く、しなやかなキューティーハニーをスタイリッシュに演じるのは、10代、20代の女性に絶大な人気を誇る西内まりや。全身全霊で体現するまっすぐ過ぎるメッセージが、世代を超えて痛いほど突き刺さる。

10/1(土)より全国ロードショー

映画『CUTIE HONEY:TEARS』

原作:永井豪「キューティーハニー」
監督:A.T. ヒグチリョウ
脚本:中澤圭規 田中靖彦
主題歌:西内まりや「BELIEVE」 SONIC GROOVE