【2016年1月23日公開】『サウルの息子』

第68回カンヌ国際映画祭グランプリ作品。ハンガリーの気鋭監督、衝撃のデビュー作。


1944年10月、アウシュビィッツ=ビルケナウ収容所。
サウル・アウスランダーは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。

ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊のことである。

ある日、サウルは、ガス室で生き残った息子を発見する。
息子はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、
サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、
ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

2016 年1月23日よりヒューマントラスト有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

映画『サウルの息子』
監督:ネメス・ラースロー 
脚本:ネメス・ラースロー,クララ・ロワイエ
主演:ゲーザ・ルーリグ 
2015年/ハンガリー/カラー/107 分/DCP/ スタンダード/ドルビ-デジタル 
配給:ファインフィルムズ
宣伝:ミモザフィルムズ

公式HP:http://www.finefilms.co.jp/saul/
© 2015 Laokoon Filmgroup