【2015年9月19日公開】『ベル&セバスチャン』

アルプスにしのび寄る戦争の影は、孤独な彼らにさえ過酷な試練を与えた―。


アルプスの麓の小さな村で暮らす孤児
セバスチャンは、山で一匹の野犬と出会う。

家畜や人を襲う“野獣”として村人たちから命を狙われるその犬をベルと名付け、
懸命に守るセバスチャン。そして孤独なもの同士、心を通わせていく。

時を同じくして村には戦争が影を落とし始めていた。
ナチスの捜索の手が伸びるなか、ユダヤ人一家を救うため、
ベルとセバスチャンは道案内人として危険な冬の“アルプス越え”に命がけで挑む――。

2015年9月19日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

映画『ベル&セバスチャン』
監督:ニコラ・ヴァニエ『狩人と犬、最後の旅』 
原作:セシル・オーブリー「アルプス村の犬と少年」
脚本:ジュリエット・サレ『愛されるために、ここにいる』、ファビアン・スアレ『フューチャー・ゲーム』、ニコラ・ヴァニエ
撮影:エリック・ギシャール『キャラバン』 
音楽:アルマン・アマール『オーケストラ!』 
主題歌:ZAZ「Belle」
出演:フェリックス・ボシュエ、チェッキー・カリョ『テイキング・ライブス』、マルゴ・シャトリエ『オーロラ』、ディミトリ・ストロージュ『そして友よ、静かに死ね』、アンドレーアス・ピーチュマン『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』、メーディ「海のセバスチャン」

2013年/フランス/フランス語、ドイツ語/99分/シネスコ/原題:Belle et Sébastien
配給:ミッドシップ、コムストック・グループ 

公式サイト:http://www.BelleandSebastian.net
©2013 RADAR FILMS EPITHETE FILMS GAUMONT M6 FILMS ROHNE-ALPES CINEMA